インドの新型コロナ深刻化で日系企業に影響

0

インドで新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化していることを受け、日本の企業にも影響が出ています。

 自動車メーカーの「スズキ」は、今月1日から9日までインドにある3つの工場で生産を停止していましたが、16日まで延長するということです。インドでは医療用の酸素が不足し、工業用の酸素を医療用に使う措置が取られていて、「スズキ」の取引先の工場では工業用の酸素が不足し、部品が作れないためとしています。

 また、「ホンダ」は、5月中に予定していた工場のメンテナンスを前倒しする形で、四輪自動車の生産を18日まで停止します。二輪車の生産については従業員の安全を確保するため、15日まで停止を決めました。

 「パナソニック」もエアコンや洗濯機を生産する工場を今月3日まで停止する予定でしたが、従業員の安全を確保するために期限を決めずに延長するとしています。工場の再開は、今後、状況をみて判断するということです。(10日14:15)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です